テレビスタンドの汎用性

テレビスタンドの選び方をみなさんご存知でしょうか?

1.テレビスタンドの高さを選ぶ
テレビスタンドを購入する際にまずチェックしたいのが高さです。
テレビを置いた場合、画面の中心が目の高さから30~50cm下に位置するものが最適とされています。フロアソファや座椅子を使われる方は低めのテレビスタンドのほうが好ましいでしょう。
尚、最適な視聴距離はテレビの高さの3倍といわれています。それも考慮してテレビスタンドやソファのレイアウトを検討してください。

2.テレビスタンドの大きさ、奥行きと耐荷重を選ぶ
テレビ台の横幅をテレビの横幅より大きくすると、落ち着いた感じのインテリアになります。
人気の32V型ディスプレイの大きさは、おおよそ新聞紙を広げた大きさと同じくらいの、横幅約80cm×高さ約55cmです。実際の寸法はテレビによって異なりますが、テレビの型(サイズ)が1つ違うと上・右・左にそれぞれ1cmずつ大きくなるので、製品選びの参考にしてください。
薄型テレビの奥行きは、スタンドを含め大型の60型でも40cm前後です。45~50cm程度の奥行きがあれば、ほとんどの薄型テレビに対応できます。
ただし、ブルーレイ・DVDプレーヤーやAVアンプなど周辺機器もあるなら、そのサイズも考慮する必要があります。こうした機器は、背面の端子にプラグを挿して使うので、配線にも気をつけましょう。

壁掛けテレビを金具の側面から調べて報告していきます。